東建設 ZEH普及への取組

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHとその仕組み

外皮の断熱性能の大幅な向上と、高効率な設備・システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上)。
その上で、再エネを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅をZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)といいます。

ZEH普及目標と実績

『エネルギー基本計画』(※2014年4月閣議決定) において『住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す』とする政策目標が設定されました。

株式会社 東建設では2020年までのZEH普及目標を下記の通りに定め、その普及に努めます。

2020年までのZEH普及目標と実績

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
実績(年間建築総数) ZEH普及目標
8件 4件 30% 40% 50%

具体的なZEH普及策

1.ZEHの周知・普及に向けた具体策

弊社ではZEH住宅普及にあたりましてHP上等で告知を行い、幅広くZEH住宅をPRしていきZEH住宅の知名度向上に努めます。
また完成見学会等で新規顧客様・OB顧客様にZEH住宅を周知・御理解していただける環境づくりをおこなっています。

2.ZEHのコストダウンにむけた具体策

建物全体の断熱性能を上げる為、敷地・方位・採光等を考慮し適切なサッシ・ガラスの配置、断熱材の仕様を検討しランニングコスト・光熱費の削減を心掛けます。
また、効率の良い太陽光発電を提案し、環境に良い創エネルギー化を目指します。

3.その他の取り組みなど

自然エネルギーによる省エネ化の紹介・周知に努め
社内及び協力業者に対してもZEH住宅の仕様・必要性を周知徹底させ意識向上に努めます。

ページ内トップへ戻る